top of page
IMG_0486 (1).jpg

 Jenk:  「失敗を恐れないでください。しかし後悔を恐れてください。」

発行XIIIカバーFeature_cc781905-5cde-3194-bb3b- 136bad5cf58d_Empower

インタビューされたShwethaRajesh 

Jenkは、16歳の社会起業家、パブリックスピーカー、社会変革活動家、DJ、俳優、プレゼンターであり、ジェネレーションZを対象とした出版、コンサルティング、制作に焦点を当てた100%社会的企業であるThredMediaの創設者兼CMOです。 。
Jenkは、Forbes、Business Insider、Oracle Star-upなどの250以上の記事で取り上げられているほか、Diana Award 2021などのいくつかの賞を受賞しています。また、JenkはGoogle Z-Council、Oracle Star-Ups、MicrosoftSurfaceのメンバーです。若い起業家チームとナレッジソサエティ(TKS)。 Jenkは、他の若者が影響力のあるアイデアを開発できるよう支援することを期待して、Z世代、若い起業家精神、社会変革、若者の雇用の将来について話すことを楽しんでいます。

あなたは8歳のときにiCoolKidを設立し、その後ThredMediaに進化しました。起業家になるための主なインスピレーションの源は何でしたか?

ジェンク: 始めるのに最適な場所は最初からだと思います。
正直言って、起業家という言葉が何を意味するのかすら知らなかったので、自分が一人になりたいと言うことから始めたわけではありません。あなたは単に考えることから始めます。それはほとんどそれです、あなたの頭の中の考え。ですから、起業家であるとラベル付けすることはあなたの心の最後のことですが、人々はあなたがあなた自身にラベルを付けるずっと前にあなたにラベルを付け始めます。
私の旅は私が8歳のときに始まりました。学校の集会でショーアンドテルをした後、最初のウェブサイトiCoolKidを構築するのに3年かかりました。
途中で3つの異なるウェブサイトビルダーを雇って解雇することになったので、間違いなくたくさんの躊躇がありました。それは非常に苛立たしく、意気消沈しましたが、前向きな考え方が優勢であり、私たちは続けました。私たちは2016年5月に最初の従業員を雇いました。彼は当時私のギターの先生でしたが、非常に長い年月を経て、私の最初のWebサイトiCoolKid.comが立ち上げられました。
その過程で、若者たちは私と手を差し伸べ、実際の個人的な状況を共有し始めました。最初は週に数通のメッセージでしたが、その後2年間で1日に複数のメッセージになりました。それらの一つ一つは、他のZ世代が地球の隅々で何を経験していたかについて、より良く、より現実的な理解を私に与えてくれました。また、両親に出られなかったために自殺を感じていたのはロシアのゲイのティーンエイジャーであるかどうかにかかわらず、私が代表することになっているZ世代コミュニティ自体の窮状に素朴に気づいていなかったことにも気づきました。ゴミ箱のゴミを女性用衛生用品として使用している若い女の子や、きれいな水を得るために学校の近くの塹壕を掘っている非常に若い10代の若者です。
トピックは、安全で清潔で進歩的な家庭で育った、私があまり気づかなかった社会問題の全範囲に及びました。
何百もの心からの話を聞いた後、それぞれが次の話よりも心に訴える。私は自分のウェブサイトとプラットフォームを何のために使いたいのか、そして長期的な目標はどうあるべきかについてもっと多くのことを考え始めました。より大規模な変化を生み出すための実行可能なステップへ。
2019年、私は4つのステップを含む新しい旅に乗り出しました。
私はiCoolKidの名前をThredに変更しました-聞いていたすべての話をつなぐ連続性の糸があったので、Thredという名前が好きでした。そのスレッドは、変更の必要性でした。
一部だけでなく、実際には全体が100%社会の変化になるように、コンテンツに焦点を合わせ直しました。
私は人口統計を再配置し、8〜13歳から16〜24歳以上に移動しました。
最後に、私は会社を再構築して、出版業界と一緒にコンサルティングを含めるようにしました。これにより、会社と話をし、洞察を与え、私たちの動きに賛同することができました。
最後に、2020年7月にThred.comを立ち上げました。これは100%社会変革に焦点を当てたまったく新しいウェブサイトで、現在、Thred.comは18か月で、180か国以上からの訪問者があり、ロンドンオフィスには11人の常勤スタッフがいます。および10人のリモートライター。 
Thred Business Pillars
ThredMediaを形成するために三角測量する3つの主要な柱があります。
第1の柱-ThredPublishing
その中心的な信条は、100%社会の変化に焦点を当てたウェブサイトThred.comです。
2番目の柱-ThredCommunity
すべてのソーシャルメディアチャネルに20万人以上のフォロワーがいます。さらに、アンバサダー、インターン、リモートライター、Discordメンバーの素晴らしいグループがいます。
3番目の柱-ThredConsulting(他のすべての作業に資金を提供)

 

Thred Mediaは、若者文化とGenZがすべてです。多くの人々は、GenZが信じている種類の行動主義と変化をもたらすもの、特にオンライン行動主義は十分ではないと考えています。 Z世代が社会の変化を生み出すことについてどう思いますか? 

ジェンク: 1回の投稿でも、100回の抗議でも、議会での1000回の会議でも、あらゆる支援が歓迎され、感謝されます。

人々が他の人々の努力を判断するとき、私はそれが好きではありません。それは逆効果であり、人々が大きな変化につながる小さな努力をすることを思いとどまらせます。私はまた、人々に小さな貢献者としてプロセスを開始させ、時間の経過とともに彼らの貢献を成長させるというアイデアが好きです。

あなたはかつて英国で最年少のCEOに指名されました。単にあなたの年齢のために人々があなたの能力を疑ったことがありますか?そのような障害を克服するのに何が役立ちましたか?

ジェンク: 正直言って、あなたが子供なら彼らはあなたからの期待を持っていないので、誰もあなたの能力を疑うことはありません。したがって、若いことは障害ではありません。それは、試み、失敗し、学び、そして再試行する機会です。

あなたは成功から学ぶよりも失敗から多くを学びます、そしてこの年齢では、コストがとても低いので試してみるのに最適な時期です(提供する家族がいない、テーブルに置く食べ物がないなど)。

あなたにとって「社会起業家」とはどういう意味ですか?

ジェンク:社会的な部分は、惑星の前向きなイニシアチブに焦点を当てることから来ています。起業家の部分は、革新的であり、スタートアップ構造を介して惑星の前向きな結果を推進する意欲から来ています。 

人前で話すことは、経験がどれほど経験されていても、大変な作業です。 TEDxで3回話しましたが、どのようにスピーチをする準備をしていますか?人前で話すことはいつもあなたに自然に来ましたか?
ジェンク:人前
で話すことは、あなたの頭の中の物語が、あなたが混乱した場合、人生を変える大きな否定的な結果があるとあなたに告げる場合にのみ気が遠くなります。本当の意味で人生を変えるような否定的な結果は決してありません。若い人たちは言うことがたくさんあり、それを言う機会が与えられているので、人前で話すのが快適になることができれば、誰もが演技のレッスンを受けるべきだと思います。したがって、機会が発生したときに、その機会を十分に満たす準備ができていることを確認する必要があります。
 

あなたは起業家でありスピーカーであるだけでなく、DJでもあります。 DJを情熱として発見したきっかけは何ですか?

ジェンク: ジャズからクラシック、さらにはハウスミュージックまで、家中で一日中演奏されていたので、私は非常に早い段階で音楽を発見しました。私の母は80年代にDJでした、そして彼女は私にそれを試すように勧めました、そして私が一度やったら、私は決して振り返りませんでした。

What advice do you have for individuals who may be on their own journey of self-discovery, suspecting they might autistic? How can they navigate the process of seeking a diagnosis and finding support? What advice do you have for individuals who may be autistic or facing similar challenges? How can they find strength, acceptance, and a sense of community?

 Lou: Firstly, I would say congratulations on learning more about yourself. If you think that you are autistic then it can be helpful to learn more about being autistic from other autistic people’s experiences. Social media and specifically the #ActuallyAutistic hashtag is a good place to start. It can also be useful to think about strategies you can put in place to cope and to help yourself. For example, using an emotion wheel to identify the specific emotion you are experiencing if you struggle with identifying your emotions or looking at google earth in

advance to see what places look like, if you struggle with new places and unpredictability. If

you are struggling to accept yourself, I would remind you that for so long the world has

taught us that as autistic people, who we are isn’t good enough so we have to fight back.

Loving our authentic autistic selves is an act of rebellion.

In your opinion, what are some key steps that society can take to create a more inclusive and supportive environment for neurodivergent individuals? How can we promote understanding, reduce stigma, and ensure equal opportunities for all?

 Lou: In my opinion, we need to start being more accepting of difference and focusing less on

conformity. It is important that we value the inherent worth of each person. I would love to

see public spaces become more accessible to neurodivergent people through for example,

making accessibility adjustments (E.g. having quiet spaces and sensory adjustments) as well as more understanding of autism and the different ways autism may present. In the world, I think we need to stop judging autistic traits (including when autistic traits present in non autistic traits) such as, bluntness, moving differently from the norm and having intense

interests.

Can you share any personal anecdotes or stories of how your advocacy work has made a positive impact on autistic individuals? What are some memorable moments or feedback you have received?

Lou: I have had so many lovely messages and feedback from people and they honestly always make me feel so grateful. Some of the most memorable messages are from an autistic person who said that my content had allowed them to feel represented, imagine a future for themself and saved their life in a dark time. Equally, I love it when autistic people realise that they are autistic from my content, sometimes after 60 or 70 years of not knowing and not having the answer as to why they are struggling so much or feel so painfully different.

JENK_cc781905-5cde -3194-bb3b-136bad5cf58d_による迅速な火災ラウンド

一言であなた自身を説明してください

好きなミュージシャン

私が今リピートしている曲

私がなくては生きられない一つのこと

永遠に食べられるもの 

私に大きな影響を与えた本

 Practical

カーニャ・ウェスト(新)とラフマニノフ(旧)

バースデーガール、ストームジー

Headphones 

すし

スーパーフリーコノミクス

最後に、若い人として社会を変え始めるための最良の方法は何だと思いますか?

ジェンク: 最も重要なことは、あなたが本当に気にかけていること、あなたが長期的にサポートしたいことに関わっていくことです

あなたがそれをしたら-行動主義の6つの基本的なレベルがあります:

1-あなたのソファから活動家の消費者になる-オンラインで買い物をするときにあなたが提携している会社と一緒に過ごす-あなたの財布にあなたの道徳的な羅針盤を話させてください。

2-あなたのボイスチャットを友達に貸します-ソーシャルメディアを使ってあなたの意見を表現し、コンテンツを共有します

3-あなたの足を貸してください-志を同じくする人々が彼らに抗議して支援しようとしているイベントを見つけてください

4-組織に参加する-実際の運動に参加することを考え、会議に出席する

5-地元支部を率いる-お住まいの地域で開催される会議のリーダーになる

6-政府レベルでの政策変更に参加する-請願書を作成する-地元の議員と会う

すべてのレベルが行動主義です!気になることに参加するだけです。

ジェンクのソーシャルプロファイル: 

Lousie Chndler Interview

ジェンクオズ

bottom of page